オプションとは

車はスタンダードな規格品のままで売られることばかりではなくて、工場の段階でサンルーフを付けたり、購入してから使っている内にいろいろなパーツを付けたりして、現在のあなたの車になっています。これらのスタンダードな規格品とは違う車の部分がオプションです。

こうしたオプションには、納車前にメーカーが購入者の希望を聞いてからつけるものがあります。それがメーカーオプションです。購入者の希望によってディーラーが取り付けてから購入者に車を渡すのが、ディーラーオプションです。したがってこれらは原則として、取り外しが簡単にできるものです。

具体的には、メーカーオプションとなるのは、サンルーフ、ヘッドライト、セキュリティシステムなどです。オーディオやフロアマットなどを自分の好みのものに取り換えるのはディーラーオプションです。メーカーオプションはメーカーが取り付けるために、納車後は取り付けができませんから、査定の時に価格が高くなるポイントになります。

納車後のオプションとしてディーラーオプションと社外オプションがあります。ディーラーオプションはメーカーオプションに準ずるものですから査定の時もプラス要因になりますが、社外オプションは、車を使っている人の好みに大きく依存しますから、よほど人気のパーツやブランド品以外は、マイナス要因になってしまうこともあります。個人の好みが必ずしも中古車市場の需要に合うかどうかわからないからです。

各種オプションの検討から、査定を有利にするために全面サポート

新しく車を買い替える時に気になるのは下取りに出す車の査定です。長い間使ってきた愛車を下取りに出すのですから、気分的にもいい値段で査定してもらいたくなります。使っているうちに色々と装着したパーツも自分が好んでつけたものですから、プラスに査定してもらいたくなりますね。

オプションの査定のポイント

車は日進月歩していますから、各種パーツも実にいろいろなものがあります。そういったパーツを使用中につけた時に下取りの時にどう査定されるものでしょうか? また進歩とともに、カーナビのようにオプションであったものが、標準装備に代わってしまうこともあります。

豊富な情報に振り回されないためのコツ

車はモードと同じくらいモデルチェンジの激しい世界です。マーケティングの激しく働く世界ですね。車を下取りに出す時も、自分が大事にしてつけたパーツも、流行おくれや最新の技術からは時代遅れになってしまっているものも多くあります。 将来の査定も考えて、パーツを付けるためのポイントをまとめました。