>

査定時にプラスとして働くオプション

カーナビなどは少し前までは、オプションでしたから、付いていれば査定時にはプラス要因でした。今ではほとんど標準装備されていますから、逆についていないとマイナス要因になってしまいます。カーオーディオなどは、少し音楽好きな人になれば個人の嗜好が強く出ますから、必ずしもプラス要因にならないようにも思えますが、原則としてプラス要因です。アルミホイールは、老舗ブランドの物ならば、まずプラス要因になります。エアロパーツとなると個人の好みが出ますから、あまり派手なものはマイナス要因になりかねませんので、取り外しておいたほうが良いですね。

こうして査定時に取り外しておいたパーツは、パーツの買い取り専門店に持ち込めば買い取ってくれます。

査定時にマイナスとして働くオプション

だれでもそうですが、中古品を買う時には、それが正規品である方が安心できます。こうした心理は中古車でも働きます。ですから下取りの査定時も、純正パーツを付けている車のほうが査定価格が高くなる傾向があります。

かといって自分の車ですから使っているときには、自分の好みでいろいろとパーツを付けたくなりますね。その中には純正なものばかりではないものも出てきます。下取りに出す時には、そうした社外オプションがマイナス査定の要因になるというのは困りものです。

自分の好みで社外オプションを付ける時にも、不要だからと言って純正パーツを捨ててしまうのではなく、保存しておいて査定時に付け替えることができるようにしておくのも良い考えです。


各種オプションの検討から、査定を有利にするために全面サポート

この記事をシェアする