>

メーカーオプションとは

車のメーカーオプションとは、車の製造会社が工場の製造ラインの上で取り付けるものです。ボディーに加工したりする必要があり、ディーラーのレベルではできないオプションです。したがって車の製造工程の中でそうしたオプションが取り付けられます。ですから納車後にディーラーのレベルで取り付けるとなると恐ろしく面倒な作業となります。セキュリティシステムやサンルーフなどはこうしてメーカーのレベルで付け加えられます。従ってこうしたオプションは一般的に査定時には高額査定の要因として働きます。

エアロパーツやオーディオあるいはアルミホイールなどは、ディーラーのレベルで作業ができます。納車後ディーラーが取り付けも取り外しもやってくれます。

車のオプション豆知識

車のオプションは、いくつかに分類されますね。しかしこれらもある意味規格内オプションで、お金さえかければ、自分独自のオプションというか、改造も可能です。もっともこうした改造は違法にならない範囲でしなくてはいけませんね。自分の安全ばかりではなく、他人の安全にもかかわってきます。車の外装を塗り替えたりする程度でしたら、かなりの人がやっています。

こうした自己流のオプションですと、同好の士の間での売買を除いて、普通の中古車市場ではマイナスの要因です。それどころか下取りに取ってくれないこともありますね。

技術の好きな人はエンジンの改造などもしてみたくなりますが、これも気を付けないと、法律に触れてしまうこともあります。


豊富な情報に振り回されないためのコツ

この記事をシェアする